【狭小地とは】問題点から売却方法、活用方法まで徹底解説

狭小地とは

狭小地(読み方:きょうしょうち)とは、狭い土地のことを指します。明確な定義はありませんが、土地の広さが15~20坪以下の場合に狭小地と呼ぶことが多くあります。また、狭小地に建築した住宅を「狭小住宅」と呼びます。

正方形や長方形といった整形地ではなく、三角地や台形地のような不整形地が狭小地に多いので、使用用途が制限され、通常の土地の価格よりも低くなりやすい特徴があります。

狭小地のメリット

狭小地は土地が狭い分、購入時の土地の価格が安いというメリットがあります。建築するとなると、土地が狭くて隣家との距離が近いため、採光のために吹き抜けやステップフロア(中階層)を作るなどの工夫をするので、土地は安いけど建築費が少し高くなる場合もあります。

ただ、同じ床面積の条件下で、狭小地の3階建てと、普通の2階建てで比較すると、土地と建築費をトータルで見たときに、狭小地の3階建てのほうが安くすみます。

再建築不可な狭小地もある

狭小地であっても、建築基準法を満たす土地であれば家を建てることができます。ただし、家が建っている狭小地を相続や購入したときには注意が必要です。現在建築物があるからと言っても、再建築可能とは限りません。

当時の建築基準法には適合していても、法律の改正によって現行法には適合していない場合(既存不適格物件という)、解体して新しく家を建てる場合には、家を建てられない(再建築不可)ケースや、家の建築面積が小さくなるケースもあります。

狭小地の売却方法

狭小地は土地が狭くて、隣家との距離が近い分、近所トラブルが起きやすいです。また、相続した場合、固定資産税がかかるので保有しているだけでお金がかかります。

狭小地を相続や保有していてお困りの場合は売却して現金化してしまうのがおすすめです。

狭小地を売却するなら買取業者がおすすめ

土地の売却には大きく「買取」「仲介」の2種類の方法があります。買取は不動産会社が直接土地を買い取る方法で、仲介は不動産会社が仲介となって一般の買主を紹介してくれる方法です。

仲介と比べて買取は、狭小地に詳しい専門家である不動産会社への売却になるので、話を持ちかけてから売却までの時間が短く(最短3営業のケースもあります)、仲介手数料がゼロ円なので高額に売却しやすい方法です。

狭小地を売却するなら地元に根づいた中小企業が良い

不動産会社というと、CMでお馴染みの大手をすぐに思い浮かべますが、狭小地の場合は地元に根づいた中小の不動産会社へ相談するのをおすすめしています。

大手企業は、普段から大量の相談を持ち込まれているので、狭小地のような資産価値の低い物件は、売却をサポートする優先順位を下げる傾向にあります。

中小企業ですと、相談の1件1件に丁寧に対応してくれて、ワケあり物件であっても、近辺の土地に詳しいこともあって高額で買い取りしてくれやすいです。

狭小地を相続・保有・購入するリスクやデメリット、問題点

狭小地を相続での保有や、購入する前に確認しておきたいリスクやデメリットは次の通り。やはり土地が狭いことによって引き起こる問題点がいくつもあります。

  • 光が入りづらくて暗い
  • 保有してるだけで固定資産税がかかる
  • 住宅ローンが組みづらい
  • 駐車がしづらい
  • エアコンの室外機が置けない
  • 換気扇やガス給湯器による近所トラブル
  • 解体や工事、メンテナンスがし辛い
  • 窓やドアを開けたときに隣家に入らないよう注意
  • 洗濯物や家の中が見えてしまう
  • 近隣住宅の物音が気になる

狭小地の有効活用方法

狭小地の活用方法は様々あります。収益化したい場合には、駐車場・コインパーキングとして近隣の住人に貸し出したり、すでに住宅があるなら賃貸として活用もできます。また、横に狭い分、縦方向の領域を活用して、地下室を接地したり、屋上を有効活用したりできます。

  • 駐車場・立体駐車場
  • 賃貸
  • 地下室
  • 屋上

狭小地の解消方法

狭小地の土地の狭さを解消するには、地下室や屋上のように縦方向への領域を広げる方法があります。他にも、隣家の土地を交渉して買い取って土地を広げるという方法もあります。